クラブ員募集中!

世界一小さなヨット、オプティミストディンギー(OP)を、日本一大きな湖、琵琶湖に浮かべてセーリングを楽しんでみませんか。

琵琶湖ジュニアヨットクラブでは、新クラブ員を随時募集しております。

ヨットは知力、体力、精神力を最大限動員するスポーツです。海外では人間形成に役立つスポーツとされています。体が丈夫になるだけではなく、自己管理、集中力、責任感、仲間を助ける姿勢、さまざまなことを学べます。小・中学生でヨットに取り組んだ経験は、将来の大きな財産となります。日々の練習で身につけた操船技術と自分の考えていた作戦が相まってレースで上位になると、本当に嬉しいものです。大きな達成感や自信を得ることができます。

見学会・体験乗船会

5〜9月の日曜日はレース遠征や悪天候時を除いてほぼ毎週練習しています。興味のある方は、是非一度、練習の見学にお越し下さい。(見学は無料です。)また、入会を真剣に考えている方は、以下の小学生ヨット体験教室に参加していただいたり、別途体験乗船(保険加入など事前手続きが必要)をしてもらうことができます。先輩達と一緒に船に乗ってみて、お子さんが「すごく楽しい、やってみたい!」と実感してから入会していただけます。見学、体験入部をご希望の方はお気軽にご相談下さい。

また、琵琶湖ジュニアでは滋賀県スポーツ協会の委託を受けて小学生ヨット体験教室を年2回実施しています。体験教室を経て、入部する子供達もいます。体験教室では、基本的な操船説明を一通り聞いて、体験乗船することができますので、入部を検討されている方にはお薦めです。

募集要項

対象

  • 小学3年生〜中学3年生

小学1・2年生でも入会可能です。その場合、本人の成長に合わせて安全が確保できる範囲で徐々に練習に参加して頂くことになります。入会しなくても、クラブイベントにゲストとして参加して、安全が確保できるときに体験乗船でちょっとだけ乗ってみるというかかわり方もあります。

小5〜中学生で入会しても、理解力があるので非常に吸収が早いのですぐに追いつけると思います。小3〜4年生が一年かかるようなことを1,2か月で習得できますので。

会費

  • 入会金 30,000
  • 年会費 32,000円
  • その他実費(保険料、施設使用料、OP協会費など15,000円程度)
  • 通常の練習活動費は年会費に含まれています。
  • 合宿等の行事・遠征等は別途費用が必要です。

利用艇

  • オプティミスト級ヨット

初年度はクラブ艇を無償で貸与します。二年目からは原則個人艇を使用します。 個人艇はクラブ艇庫に置くことができます。個人艇が入手できない場合は、クラブ艇の有償貸し出しも可能です。

艇は新品では一式70万円しますが、毎年中学生の卒業の時期になると中古艇が出ます。数年しか使っていないものは高いですが、古いものなら10万円以下で入手できます。

練習日

  • クラブ練習日 第1・3日曜日

クラブ練習日以外でも、土日は不定期に有志で集まって練習しています。

活動場所

  • 滋賀県立柳ヶ崎ヨットハーバー沖

レース

月1回程度の割合で、週末や連休に日本各地でレースが開催されます。参加レースは、指導者と相談しながら本人と親で決めます。 ヨットをはじめたばかりのCクラス(簡単で安全なコース)、一通り操船ができるようになったBクラス、全日本選手権出場枠をかけたAクラス、そして、日本中のOPセーラーの頂点を決める年一回の全日本選手権大会があります。 全日本選手権で好成績を収めれば、日本代表として世界選手権等、海外レースへの参加も夢ではありません。過去の琵琶湖ジュニアの卒業生には日本代表選手となり国際大会に出場した選手が多数います。

遠征に行かなくても、琵琶湖でのレースもあります。京都新聞社主催の「セイル大津」、京都府セーリング連盟主催の「ダブチックレガッタ」、そして琵琶湖ジュニアが開催する「琵琶湖ユースレガッタ」などのレースが開催されます。

主な行事

練習開き(3月)、練習納め・クリスマス会・卒業式(12月)、ヨット教室開催(年2〜3回)、琵琶湖ユースレガッタ主催、各種懇親会・パーティーなど

その他

親子で作るヨットクラブです。コーチなどは雇っておらず、保護者が指導や準備、クラブ運営などを行うことで成り立っています。習い事とは異なります。保護者の方は指導員として、また、クラブ運営への協力をお願いしています。過去の卒業生やその父兄も指導に来て下さる場合もあります。

ヨットやマリンスポーツの経験がまったくないお父さん、お母さんでも大丈夫です。先輩の父母が少しづつ教えてくれます。1年も経てば、立派な指導員、サポーターになれます。親子で一緒にヨットを覚えていけるので、お子さんにはとても良いと言われています。

運転できる人が2名以上いないと練習が実施できないので、モーターボートの運転免許を取ることをお願いしています。事情で免許が取れない方/運転が困難な方は、他のことでクラブ運営に協力していただければ結構です。


Last-modified: 2021-06-05 (土) 09:53:01 (178d)